2代目コンビ大喜利王は誰の手に!?第2回『AUN』をレポート!

『クイック・ジャパン』と 笑いの仕事をつくるオンラインサロン「WLUCK」が共催するライブイベント『AUN〜コンビ大喜利王決定戦〜』の第2回が、4月24日(土)に東京・下北沢の北沢タウンホールで開催された。

MCにバイク川崎バイクをむかえ、第1回に続く出演者には、Aマッソカナメストーン真空ジェシカランジャタイが登場。またダイヤモンドママタルト令和ロマン寺田寛明&森本サイダー(ユニット)と初登場組も実力派が揃った。栄えある2代目コンビ大喜利王の栄冠を掴むのは誰か。ライブの様子をレポートしたい。

トーナメント形式になっており、対戦カードは事前に決定。大喜利の判定は主催者スタッフによって行われた

第1対戦 ダイヤモンド VS ママタルト

第1対戦は、ダイヤモンド(小野竜輔、野澤輸出)VS ママタルト(大鶴肥満、檜原洋平)と初出場同士の対決。

最初のお題は「国民を揺るがす総理大臣のサプライズ発表にツッコんでください」。片方がボケてもう一人がツッコむ、コンビネーションが試される大喜利だ。

お題「国民を揺るがす総理大臣のサプライズ発表にツッコんでください」に回答するママタルト

次のお題は、「ファミレスで頼んでいない注文を繰り返す変な店員にツッコんでください」。

お題「ファミレスで頼んでいない注文を繰り返す変な店員にツッコんでください」に回答するダイヤモンド

初戦からハイペースな点の取り合いが繰り広げられ、両者同点のまま次の「テンション0-100大喜利」に突入。これは、一人はテンション0、もう一人はテンション100で答える“緩急”大喜利だ。

お題「テンション0と100で、見え見えの遅刻の言い訳をして下さい」
お題「テンション0と100で、見え見えの遅刻の言い訳をして下さい」

接戦を制したのはママタルト。準決勝に一番乗りを果たした。

第2対戦 カナメストーン VS 寺田寛明&森本サイダー

第2対戦は、カナメストーン(東峰零士、山口誠)VS 寺田寛明&森本サイダ(ユニット)。
前回は惜しくも準決勝で散ったカナメストーンと、『R-1グランプリ』ファイナリストのユニットコンビによる異色の対決だ。

最初のお題は「ユニコーンと付き合った理由と別れた理由を教えて下さい」。一つのお題に二人が答えるという大喜利で、このお題はTwitter上の公募で寄せられたもの。

お題「ユニコーンと付き合った理由と別れた理由を教えて下さい」に回答するカナメストーン
お題「ユニコーンと付き合った理由と別れた理由を教えて下さい」に回答する寺田寛明&森本サイダー

コンビの回答がしりとりになるように回答する「しりとり大喜利」では、「食べログ0.9のお店の看板メニュー」というお題に挑戦。

お題「食べログ0.9のお店の看板メニューでしりとりしてください」(山口「グローブ煮屁掛」、零士「喧嘩自慢が作ったステーキ」)
お題「食べログ0.9のお店の看板メニューでしりとりしてください」

ユニットコンビの寺田寛明&森本サイダーが序盤から勢いづき、カナメストーンを圧倒。準決勝に駒を進めた。

第3対戦 真空ジェシカ VS 令和ロマン

第3対戦は、真空ジェシカ(ガク、川北茂澄) VS 令和ロマン(髙比良くるま、松井ケムリ)。前回優勝の真空ジェシカに、初登場の令和ロマンが挑んだ。

「あなた方はボケとツッコミではありません。何と何だとしっくりきますか?」というお題は、両コンビとも譲らないシーソーゲームに。

お題「あなた方はボケとツッコミではありません。何と何だとしっくりきますか?」に回答する真空ジェシカ
お題「あなた方はボケとツッコミではありません。何と何だとしっくりきますか?」に回答する令和ロマン

点取り合戦が最後まで続き、延長戦にもつれこんだ。延長戦のお題は「まだ誰も知らないジブリ作品を教えて下さい」。

お題「まだ誰も知らないジブリ作品を教えて下さい」
お題「まだ誰も知らないジブリ作品を教えて下さい」

両コンビとも最後まで笑いを取り続ける展開に会場の熱気も高まる中、前回王者の意地を見せた真空ジェシカが接戦を制した。

第4対戦 Aマッソ VS ランジャタイ

第4対戦は、Aマッソ(加納、村上)VS ランジャタイ(伊藤幸司、国崎和也)。MCのバイク川崎バイクも「死のブロック」と煽った問題児対決は、予想通りの大荒れに。

自作の小道具を持ち込む、ランジャタイ・国崎
Aマッソ登場に会場が沸く

MC泣かせの大暴れとは裏腹に、会場は大爆笑の嵐。特に「相方の写真で一言」大喜利の、独創性を感じる回答に大盛り上がり。

お題「相方の写真で一言」、回答(加納)「美空ひばりが唯一しばいた同期」
お題「相方の写真で一言」、回答(国崎)「今日もこれで漫才やってばれなかったなぁ」

最後は、Aマッソが3対1でランジャタイに差をつけ、準決勝に駒を進めた。

準決勝 ママタルト VS 寺田寛明&森本サイダー

続いて準決勝。最初の対決は、ママタルト VS 寺田寛明&森本サイダー。「おじさんが風船ガムを膨らませているだけの動画」にコンビで実況と解説を入れるというお題は、実力派同士の点取り合戦に。両コンビ得点を重ね、勝負の行方は延長戦へ。

延長戦の「パンティー史上、最も悲しい使い方を教えてください」というお題には、両者ハイレベルな攻防を繰り広げた。

お題「パンティー史上、最も悲しい使い方を教えてください」に回答するママタルト
お題「パンティー史上、最も悲しい使い方を教えてください」に回答する寺田寛明&森本サイダー

ママタルトが延長戦を制し、初出場ながら決勝に一番乗りを果たした。

準決勝 真空ジェシカ VS Aマッソ

続いての対決は、真空ジェシカ VS Aマッソ

前回大会は1回戦で真空ジェシカがAマッソを破り、優勝を果たした。Aマッソはリベンジなるのか。

お題「架空の自己啓発本タイトル」でしりとり大喜利をするAマッソ
お題「架空の自己啓発本タイトル」でしりとり大喜利をする真空ジェシカ

1回戦の大暴れ反して真面目な大喜利対決が繰り広げられ、5対5のドローで延長戦に。延長戦のお題は「昨日転入してきて明日転校するクラスメイトに一言」。

お題「昨日転入してきて明日転校するクラスメイトに一言」
お題「昨日転入してきて明日転校するクラスメイトに一言」

準決勝らしいハイレベルな戦いを制したのは真空ジェシカ。連覇に王手をかけた。

決勝 ママタルト VS 真空ジェシカ

決勝は、ママタルト VS 真空ジェシカ。激しいボケの応酬にポイントの取り合いが続き、会場も爆笑の渦に包まれた。一つ目のお題は「浦島太郎のあらすじを、ネタバレしないよう配慮して教えてください」。

お題「浦島太郎のあらすじを、ネタバレしないよう配慮して教えてください」
お題「浦島太郎のあらすじを、ネタバレしないよう配慮して教えてください」

二つ目のお題は「これ、なんのグラフ?」。画面上に、謎のグラフが表示された。

お題「これ何のグラフ?」
題「これ何のグラフ?」

三つ目のお題は、「“ガンギマリ”という言葉を使って、穏やかな1行日記を発表してください」。

お題「“ガンギマリ”という言葉を使って、穏やかな1行日記を発表してください」
お題「“ガンギマリ”という言葉を使って、穏やかな1行日記を発表してください」
お題「“ガンギマリ”という言葉を使って、穏やかな1行日記を発表してください」
お題「“ガンギマリ”という言葉を使って、穏やかな1行日記を発表してください」

ガチの大喜利殴り合い対決に、会場のボルテージも最高潮に。3時間に及ぶ戦いの頂点に立ったのは、圧巻の力を見せつけた真空ジェシカ。連覇を果たした。

連覇の気持ちを問われ、真空ジェシカ・川北は「まーちゃんごめんね」と回答。会場は大きな笑いと拍手に包まれ、終演を迎えた。

真空ジェシカには、『クイック・ジャパン』本誌(6月号)での特集と、『QJ Web』での連載権が贈呈された。また、まだ発表ができない秘密のプロジェクトが、MCのバイク川崎バイクより伝えられた。このプロジェクトについては後日、AUNの公式Twitterなどで発表予定。

また、本大会の配信チケットはチケットぴあにて5月5日(水・祝)20時まで購入可能(視聴期限:~5月5日23時59分)。白熱の戦いを、お見逃しなく。

ライター:バズ麻呂くん