今注目の芸人が下北沢・本多劇場に集結! 個性あふれる「WLUCK LIVE」

オープニングトークをするMCのななまがり

笑いの仕事をつくるオンラインサロン「WLUCK(ワラック)」が主催するイベント「WLUCK LIVE 」が9月19日に東京・下北沢の本多劇場で開催された。

このイベントは19日、20日の2日間にわたり開催され、19日は芸歴に関係なく、MCのななまがりとWLUCKメンバーが推薦する芸人が登場(20日はWLUCKメンバーが推薦する芸歴10年目以下の芸人が登場する「WLUCKアンダー10LIVE」を開催)。

19日は昼開演の「WLUCK LIVE vol.1」と夕方開演の「WLUCK LIVE vol.2」の2公演が行われ、この記事では昼公演の「WLUCK LIVE vol.1」をレポートする。

劇場の客席は新型コロナウイルス感染防止の劇場ガイドラインに沿って通常の50%、座席間には仕切りがあり、最前列の客にはフェイスシールドを配布。出演者やスタッフ、来場者の検温・アルコール消毒はもちろん、本番中も会場内のドアを開放するなど、徹底したコロナ対策のもと行われた。

最前列の客席に配布されたフェイスシールド

本多劇場では当日券も販売された

囲碁将棋、息の合った掛け合いで爆笑を誘う

出演はMCのななまがりをはじめ、ママタルト、ガクヅケ、いかすぜジョナサン、ヒコロヒー、囲碁将棋、カナメストーン、もう中学生、空気階段と、ネタに定評のあるメンバーが勢ぞろい。

開演時間とともにMCのななまがり(初瀬悠太、森下直人)が登場し、客席からは盛大な拍手が。「ここ本多劇場は東京で由緒ある劇場だと聞いていますよ〜!」と初瀬。初めて来た本多劇場で最初の仕事がMCとは思わなかったという2人の驚きから、話題は出演者の内容に。「WLUCKさんのチョイスが渋すぎる! まずMCにななまがりを選ばないでしょ!」と会場の笑いを誘ったところで前半ブロックが始まった。

トップバッターのママタルト(檜原洋平、大鶴肥満)は大鶴肥満のコミカルな動きで見せる漫才で爆笑をさらい、会場を温めた。続くガクヅケ(船引亮佑、木田)は話が進んでいくにつれ、徐々に笑いが爆発していくコントを展開。

いかすぜジョナサン(川村優太、小俣勇二)はライブならではの面白ハプニング(!?)も味方にし、終始笑いが絶えないコントで次につないだ。そして、女友達と電話する設定のコントを披露したヒコロヒーは絶妙な駆け引きとリアクションで会場を沸かせた。

前半ブロックのトリには、ななまがりが推薦した囲碁将棋(文田大介、根建太一)が登場。見ていて気持ちがいいほどのラリーの応酬が繰り広げられ、大爆笑でオチが決まった。

前半ブロック終了後は、ななまがりと囲碁将棋のトークコーナーへ。大宮ラクーンよしもと劇場ではしょっちゅう顔を合わせているという2組だが、「囲碁将棋さんはこういう外部のライブにあまり出ないですよね?」と初瀬。文田と根建は「そうでもないけど、誰からも声がかからないのよ。今日はななまがりが呼んでくれたから! 俺ら後輩に可愛いがってもらってるから! 客席のみなさんもライブがあるときは呼んでください!」と熱弁し、会場は笑いに包まれた。

そこから初瀬が、文田の子育てブログ『期待どおりの僕じゃないけど(現在は更新していない)』をバイブルとして読んでいたことが発覚。森下が急に「ブログなんて10年前くらいにやめましたけどね!」とマウントを取ってきたが、当時「魔法のiランド」で書いていたブログは下ネタばかりで、運営から強制的に終了させられたことを初瀬に暴露されたところで後半ブロックへ突入した。

トークコーナーに登場した囲碁将棋の2人
「初めて来た本多劇場に興奮する」と話す囲碁将棋(左)とななまがり(右)

客席を巻き込んだカナメストーン、大トリはななまがり

後半ブロックのトップバッターはカナメストーン(山口誠、東峰零士)。中学の同級生コンビならではの息の合った漫才を見せ、客席を巻き込むスタイルで会場は大爆笑。続いてのもう中学生はネタに入る前から独特のトークを展開し、ネタが終わる頃には客席は完全に「もう中ワールド」にハマった状態に。空気階段(水川かたまり、鈴木もぐら)は鈴木もぐら演じる唯一無二のキャラクターが光るコントを披露。仕掛けが決まるたびに、会場は大きな笑いに包まれた。

大トリを務めたのはななまがり。銭湯を舞台にしたコントが進む中、同じフレーズの初瀬のツッコミが何度も炸裂し、拍手が巻き起こるほどの盛り上がりを見せた。

エンディングはネタ終わりのななまがり・初瀬ひとりが舞台へ。すると、「お待たせ! わたくし架空芸能人ものまね、ムーシー藤田です!」と、なんとテレビ東京の番組『勇者ああああ』で話題のキャラクター・ムーシー藤田がサプライズで登場。

(ムーシー藤田とは、ななまがり森下が演じる「架空ものまねタレントが架空芸能人のものまねをするという難解すぎる設定」のキャラクター。「縦水泳銀メダリスト」や「将棋100人指し100人負け男」などレパートリーが5000個ほどある)

舞台に立つのは今日で2回目というムーシー藤田は、まずは客席に向けて代表的な「架空天気予報士・工藤アナ」を披露し、さっそく「知らない!」と初瀬のツッコミを受ける。

そして、客席からもらったお題で「架空ものまね」に挑戦。客席はムーシー藤田の激しい動きと「降ろす時間」を楽しみ、最後は拍手でフィナーレを迎えた。

アドリブで「架空ものまね」を披露するムーシー藤田
客席からの大きな拍手で「WLUCK LIVE vol.1」は幕を閉じた

写真:モダン、ライター:なきごろう

WLUCK CREATORS